1世紀先を考えた都市の創造をめざします
21世紀を迎えた現在、さまざまな環境問題や自然災害による被害、また公共・福祉サービスの見直しなど、都市の抱える問題が増加しています。
 私たちは都市設計に携わる技術者として、当面の問題だけでなく1世紀先の未来が、安全で快適な生活ができるように、いまからその基盤を築いておく責任があります。
 そのためには、従来の都市建設のプロセスだけでなく、地域に住む人々や利用する人たちの多様なニーズを十分に把握する必要があります。そのうえで専門的な技術を取り入れた計画や設計をおこない、安全で安心な都市づくりを進めて行きたいと考えております。
 これから迎える22世紀の都市を創造するためのプロセスの実行と支援をおこなうことが
Stage22 創都研究所」に与えられた使命です。